国際・政治論壇・論調

英とEUの第2段階協議 前哨戦の漁業交渉で難航か=増谷栄一

    ジョンソン首相が中国ファーウェイの英国市場参入を認めたことも影響か(Bloomberg)
    ジョンソン首相が中国ファーウェイの英国市場参入を認めたことも影響か(Bloomberg)

     英国は1月31日、1973年のEU(欧州連合)加盟以来47年ぶりにEUから正式離脱した。この日、ジョンソン英首相は首相官邸の外壁にビッグベン(国会議事堂の時計台)と英連邦のユニオンジャック旗を映し出し、EU離脱のカウントダウンを演出した。一方で、英国から独立し、EU残留を主張し続けるスコットランド自治政府のスタージョン首相(スコットランド民族党党首)はツイッターで、「独立国としてEUの中心に戻る」と誓うなど悲喜こもごもの離脱日となった。

     今後、英国とEUは「EUとの将来の関係(自由貿易協定)」の大枠を示す政治宣言案に従って、3月3日から自由貿易協定(FTA)の締結に向けた第2段階協議に入る。しかし、FTA交渉開始の前提条件となっている新漁業協定の締結を巡る両者の主張の隔たりが大きい。また、ジョンソン首相が中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)に英国の5G(第5世代移動通信システム)市場への参入を容認したことを受け、英国メディア…

    残り956文字(全文1377文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事