週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

世界の中国依存が直面する危機=市岡繁男

 中国の今年1月の消費者物価指数(CPI)は前年比5・4%と2011年10月以来の高い伸びだった。なかでも消費者支出の多くを占める食品物価は前年比20・6%も上昇した。これは新型肺炎の流行で生産や輸送に影響が生じたからだ。だが当局が都市を閉鎖し、工場の操業を停止したのは主に2月になってからだ。マスクが高額で販売される様子をみると、今回の物価上昇はまだ始まったばかりだろう。

 さらにこうした状況が長引くなら、共産党の一党独裁体制を揺るがす要因となりうる。1989年6月4日の天安門事件はCPIが28%まで上昇した直後に起きているからだ(図1)。

残り278文字(全文550文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事