教養・歴史書評

反知性主義横行の時代に投げかける実証研究=井上寿一

     戦後進歩派知識人の代表と称される丸山眞男の日本政治思想史研究は、今日ではさまざまに批判されている。丸山の名を世に知らしめた諸論考を収録する、丸山眞男『超国家主義の論理と心理 他八篇』(岩波文庫、1380円)のなかでも、とくに標題の論考は、同時代における圧倒的な影響力と対照的に、問題点が指摘されている。たとえば日独の「超国家主義」の違いを「主体的責任意識」の有無に求める論理展開は、ドイツのファシズム研究の進展によって、説得力を失っている。

     丸山の研究をめぐるこのような状況に抗して、「その思想を批判的に継承することを試み」たのが清水靖久『丸山真男と戦後民主主義』(北海道大学出版会、2900円)である。

    残り577文字(全文880文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット