教養・歴史書評

『スティグリッツ PROGRESSIVE CAPITALISM』 評者・上川孝夫

     ◆『スティグリッツ PROGRESSIVE(プログレッシブ) CAPITALISM(キャピタリズム)』

    著者 ジョセフ・E・スティグリッツ(コロンビア大学教授) 訳者 山田美明 東洋経済新報社 2400円

    米国経済は格差拡大の一途 未曽有の危機に警世の書

     2001年にノーベル経済学賞を受賞した著者の新作である。1990年代半ばにクリントン政権下で大統領経済諮問委員会の委員長を務めた著者は、それから25年たった現在のアメリカを見て、ますます状況はひどくなったと述べている。成長の鈍化、過剰な金融化、そして何よりも格差の拡大である。

     この現在の苦境を、著者は歴史的視点から回顧している。アメリカはこれまで二度、格差が拡大した時期があったという。19世紀末の「金ぴか時代」と「狂騒の20年代」である。前者は南北戦争後、独占企業が台頭し、拝金主義が蔓延(まんえん)した時代だが、連邦議会で独占を規制する反トラスト法などが制定された。後者は熱狂的な株式バブルが起きた時期で、ふたたび格差が広がり、大恐慌へとつながったが、ニューディール政策…

    残り795文字(全文1260文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事