教養・歴史書評

『大学改革の迷走』 評者・服部茂幸

著者 佐藤郁哉(同志社大学教授) ちくま新書 1200円

「経営ごっこ」が招いた混乱 大学に見る失敗の経営学

 今、大学改革が病んでいる。最近の共通テストを巡る混乱もその一例であろう。本書は大学改革という企業経営に倣った「経営ごっこ」がいかに病んでいるかを明らかにするものである。

 例えば、世界的にトップクラスの教育・研究を行う大学を選択し、重点的に資金を配分すると称していたスーパーグローバル大学創成支援事業(SGU)がある。ところが、本書ではこのSGUは最初に予定していた助成金よりもはるかに少ない金額しか助成していないことを明らかにする。政策が正しいかどうか以前に、「選択と集中」という政策は行われていないのである。

 PDCAサイクル(生産や品質管理の継続的改善法)も企業経営から持ち込まれた手法である。けれども、これを経営の万能薬と考えるのは間違いだと本書は言う。そもそも部局内部では改善できないものについては、PDCAサイクルは回らない。実際、文部科学省が約束した助成金を支払わないためにSGU事業の目標達成に失敗した大学があったとして、これを大学の努力だけでは改善できないだろう。さらに官僚無謬(むびゅう)神話…

残り658文字(全文1167文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事