国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル 時代遅れのオートサロン=美代賢志

    バスなどの公共交通機関も、依然として重要な移動手段として利用され続けている(筆者撮影)
    バスなどの公共交通機関も、依然として重要な移動手段として利用され続けている(筆者撮影)

     今年11月に開催予定のサンパウロ・オートサロンが苦戦している。BMWとトヨタ、ゼネラル・モーターズが出展を見合わせると発表したためだ。

     背景には市場の変化がある。ブラジルでは、自動車に対して欧州並みの厳しい安全基準の導入を進めており、国内で需要が高い「安全性を犠牲にしたぶん、安価」というモデルが作りにくくなっている。

     一方で、通常のモデルを購入するには、コスト面で高いハードルがある。例えば、中型セダンを購入する場合、車体価格に約250万円かかる。3年後に4割の値段で販売できたとしても、保険と税金を考慮すれば、運転しなくても1年当たり約46万円のコストとなる。労働者1人の月間所得平均が約5万円の国では、厳しいのが現実だ。

    残り200文字(全文514文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット