国際・政治ワールドウオッチ

台湾 鴻海がEV進出加速=井上雄介

    新北市の鴻海本社(筆者撮影)
    新北市の鴻海本社(筆者撮影)

     EMS(電子機器受託生産)世界最大手で、アイフォーンの受託生産で知られる鴻海(ホンハイ)精密工業。売上高の約5割を占める米アップル依存からの転換を目指し、次世代の事業の柱として力を入れるのが、電気自動車(EV)、デジタルメディスン、ロボットの三つだ。中でもEVに搭載される電子部品に大きなビジネスチャンスをみているとされ、今年に入って事業化に向けた動きが加速している。

     鴻海は2月7日、台湾の自動車メーカーで第2位の裕隆(ユーロン)集団と、EV製造の合弁会社を設立することで合意した。鴻海は、今年1月にフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とも同様の合弁会社設立を決めている。

    残り219文字(全文515文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット