経済・企業深層真相

ソニーの試作EVが日系メーカーに波紋

    自動運転機能などを備えたソニーの次世代自動車と吉田憲一郎社長(撮影=浜田健太郎)
    自動運転機能などを備えたソニーの次世代自動車と吉田憲一郎社長(撮影=浜田健太郎)

     ソニーが今年1月の米家電見本市「CES」で発表した電気自動車(EV)のコンセプト車「ビジョンS」に、日本の自動車業界で衝撃が走っている。ソニーが得意とする画像センサーや車内の音響システムなどを除き、大半を海外のOEM(相手先ブランドによる受託生産)メーカーに発注。「実際に走るクルマ」として仕上げてきたからだ。

     ビジョンSの開発や製造を取りまとめたのは、カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルの子会社だ。ソニーは自社の技術が車載向けにどれほど使えるものか、確かめるために実車を作ろうと考え、「労力をかけずに車体を作ってくれるメーカーを探したところ、マグナが手を挙げた」(関係者)という。

    残り252文字(全文551文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事