国際・政治ワールドウオッチ

韓国 5G開始1年、変わる野球中継=趙章恩

    スマホの画面、KT提供
    スマホの画面、KT提供

     韓国で昨年4月、世界に先駆けて次世代通信規格「5G」が始まってから1年がたとうとしている。昨年12月末には5G加入数が467万件を突破、今年は端末の種類が増え、携帯電話加入者の25〜30%が5Gに加入すると見込まれている。

     5Gを提供する通信大手3社は、今年から「ミリ波」を使った5Gを開始すると発表。遅延のない高速通信が実現できるという。

     各社は5Gならではのサービスとしてスポーツ中継にも力を入れている。最大手のKTはプロ野球チームを運営しており、昨シーズン中はホーム球場に従来のテレビ中継用とは別に、4Kカメラ7台とHDカメラ40台を設置して5G中継を行い、「5Gスタジアム」としてアピールしている。視聴者は5G環境でアプリ「プロ野球ライブ」をスマートフォンにインストールし、お目当ての選手を選べば彼を中心にぐるりと270度の広角でス…

    残り92文字(全文463文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット