教養・歴史書評

『7つの階級 英国階級調査報告』 評者・浜矩子

     1960年代、少女時代の評者が英国に住んでいた時、そこには階級社会があった。上流階級・中産階級・労働者階級。仕切り線は明確で、住み分けは完璧だった。お互いに、垣根の向こう側を眺めながら、居心地よく暮らしていた。

     ところが、いまや英国的階級社会の構図は一変している。そのことを、本書が克明に語り込んでいる。本書は、英国の今日的階級社会に関する大々的な実態調査の結果に基づいている。回答率の高さと、そこに表れた21世紀英国社会の多層性と複雑さが大反響を呼んだ。

     本書が描き出す現代英国の階級構図は、さながら、地層の断面図のごとしだ。幾重にも、帯が重なりあっている。具体的には、七つの帯だ。最上位の帯が本書でいう「エリート」層。最下位にあるのが、「プレカリアート」の帯である。両者に挟まれて、さらに五つの帯がある。「エリート」の帯は燦然(さんぜん)と輝く極彩色。さながら西陣織のごとしだ。「プレカリアート」の帯は、ドス黒くてひたすらモノクロだ。間の五つの帯は相互…

    残り779文字(全文1208文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット