教養・歴史書評

画期的な『小説現代』復刊=永江朗

 月刊小説誌『小説現代』(講談社)が復活した。同誌がリニューアルのために休刊を予告したのは2017年の秋だった。その1年後、18年10月号をもっていったん休刊。長い休みに入った。

 20年3月号からのリニューアル創刊が予告されていたが、それを額面通りに受け取る人は少なかった。出版界の「休刊」は「廃刊」とほとんど同義語である。出版市場の収縮も続いている。そのまま廃刊となるか、よくて電子版のみでの刊行になるのではないかと考える人が多かった。実際、数多くの直木賞受賞作を生み出してきた『別冊文藝春秋』(文藝春秋)は紙版をやめて電子版のみとなっている。

 しかし『小説現代』は予告通りに復活した。内容も、連載中心から長編一挙連載を中心に読み切りの読み物雑誌に、という17年秋のプレスリリースに忠実だ。

残り377文字(全文723文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事