週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

過去の暴落局面より大きな米株価下落=市岡繁男

     米国株が動揺している。NYダウの終値が前日比で3%以上も変動した日は今年2月24日から3月5日にかけて6回もある。2012年以降、これだけ大きく動いた日は17回しかない。そんなめったにないことが起きているのだ。これは先行きの株価急落の前兆かもしれず警戒が必要だ。

     今回の上昇相場は09年3月から10年以上が経過し、もはや相場は若くない。またバフェットレシオ(株式時価総額÷名目国内総生産)は、昨年末時点で178%と戦後最高の水準(図1)。つまり株価は…

    残り341文字(全文567文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事