週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

石油優位から金優位の時代へ=市岡繁男

(出所) ブルームバーグ
(出所) ブルームバーグ

 3月9日のWTI原油先物価格は前日比32%も暴落し27ドルとなり、2016年2月以来の安値となった。石油関連企業の担保価値は一夜にして3割も目減りし、破産の危機に瀕(ひん)している会社もあろう。同業界の相対株価はこの8年間で75%も下落していたが、今回の原油暴落で、エネルギー企業が発行する低格付け債(ジャンク債)と国債の利回り差(信用スプレッド)も急拡大している(図1)。

 昨年12月、アル・ゴア元米副大統領は「資産規模22兆ドル(約2200兆円)の石油業界はバブル崩壊の危機にある」(英『フィナンシャル・タイムズ』紙)と警告したが、それがいま現実になりつつあるのだ。

残り302文字(全文588文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事