国際・政治ワシントンDC

大統領選の命運を握る アリゾナ州のある“遺恨”=古本陽荘

惜しまれながら脳腫瘍で死去(マケイン元上院議員)(Bloomberg)
惜しまれながら脳腫瘍で死去(マケイン元上院議員)(Bloomberg)

 11月の米大統領選に向けた民主党の候補者選びは、バイデン前副大統領とサンダース上院議員の一騎打ちの構図が固まった。南部サウスカロライナ州予備選で大勝後、勢いに乗るバイデン氏が3月3日の「スーパーチューズデー」で14州で10勝し、フロントランナーに躍り出た。サンダース氏も巻き返しを狙っており、7月の党大会まで続く長期戦になるとの見方もある。本戦で共和党のトランプ大統領とどちらが勝つかを予想するのは早いが、実際には選挙は6州程度の勝敗で決まってしまうため、どの州が鍵を握るか予測は可能だ。

 一般的には、東部ペンシルベニア、中西部ウィスコンシン、ミシガン、南部フロリダ、ノースカロライナ、西部アリゾナの6州が接戦となり、これらの州で勝敗が決まるとの見方が多い。米国の選挙分析で定評のあるバージニア大政治センターの分析(2019年11月時点)では、ミシガンは「やや民主党」、ノースカロライナとフロリダは「やや共和党」に傾いていると分類し、現状でまったく勝敗の分からない州をペンシルベニア、ウィ…

残り863文字(全文1308文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事