国際・政治ワールドウオッチ

シンガポール 牛からエビまで広がる代替肉=鈴木あかね

菌由来の代替肉で作られたカツとナゲット (NNA撮影)
菌由来の代替肉で作られたカツとナゲット (NNA撮影)

 2019年はシンガポールにとって「代替肉」元年と言える年だった。代替肉とは食用肉に似た、あるいは同等の食品を植物由来の原料などで製造したものだ。ここ数年は、味も食感もかなり本物の肉に近づいている。「50年までに100億人超に達する世界人口のたんぱく質供給源」として注目されるようになり、畜産業に比べて環境負荷が小さいことも魅力とされる。

 シンガポールでは16年ごろから菌由来の代替肉が流通。19年には米国の2大代替肉メーカー、インポッシブル・フーズとビヨンド・ミートが相次いで参入し、一気に「代替肉」という言葉が知られるようになった。

残り221文字(全文489文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事