国際・政治ワールドウオッチ

シンガポール 牛からエビまで広がる代替肉=鈴木あかね

    菌由来の代替肉で作られたカツとナゲット (NNA撮影)
    菌由来の代替肉で作られたカツとナゲット (NNA撮影)

     2019年はシンガポールにとって「代替肉」元年と言える年だった。代替肉とは食用肉に似た、あるいは同等の食品を植物由来の原料などで製造したものだ。ここ数年は、味も食感もかなり本物の肉に近づいている。「50年までに100億人超に達する世界人口のたんぱく質供給源」として注目されるようになり、畜産業に比べて環境負荷が小さいことも魅力とされる。

     シンガポールでは16年ごろから菌由来の代替肉が流通。19年には米国の2大代替肉メーカー、インポッシブル・フーズとビヨンド・ミートが相次いで参入し、一気に「代替肉」という言葉が知られるようになった。

    残り221文字(全文489文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット