【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

インド 通信産業が支払金でピンチ=成田範道

巨額の支払金に直面(ボーダフォン・アイディア) (Bloomberg)
巨額の支払金に直面(ボーダフォン・アイディア) (Bloomberg)

 インド通信産業は、突如生じた政府への巨額支払金のため空前の危機に見舞われている。インド最高裁が昨年10月、政府と通信会社との間で10年以上にわたり争われてきた通信免許料金の算定を巡る裁判で、通信会社5社に合計1兆4700億ルピー(約2兆2600億円)を3カ月以内に支払うよう命じる判決を下したためだ。

 通信会社が政府に支払う通信免許料金は通信会社の収入によって決まる。この算定基準を巡って政府は「通信会社の収入は、通信事業以外の収入も含めた総収入である」としてきたが、通信会社側はこれを不合理とする主張を続けていた。しかし、最高裁が政府の主張を支持したため、これまでの料金が「未払い」との扱いになり、巨額の支払金が確定したのだ。

残り182文字(全文497文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事