教養・歴史アートな時間

舞台 PARCO劇場オープニング・シリーズ「ピサロ」=濱田元子

    ©PARCO
    ©PARCO

     南米大陸のアンデス山脈に、太陽神を信仰し、高度な文明を有する国家が栄えていた。1200年ごろに誕生した「インカ帝国」である。その帝国も1533年、スペインの征服者ピサロによって王アタワルパが処刑され、滅亡した。

     この歴史的事実を基に、英国の劇作家ピーター・シェーファー(1926~2016年)がピサロとアタワルパの2人を通して、宗教や文明の対立をスリリングに問う傑作戯曲が「ピサロ」(原題:ザ・ロイヤル・ハント・オブ・ザ・サン)である。シェーファーは映画にもなった「アマデウス」でも知られる。

     渋谷PARCOの建て替えに伴い約3年半ぶりに新装開場したPARCO劇場のオープニング・シリーズ第1弾として上演される(伊丹十三訳、ウィル・タケット演出)。

    残り905文字(全文1230文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット