教養・歴史アートな時間

美術 画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン=石川健次

    Catalogue raisonné Maurice Denis, photo Olivier Goulet
    Catalogue raisonné Maurice Denis, photo Olivier Goulet

     可憐(かれん)で無垢(むく)で、ともかく可愛い。図版に挙げた作品だ。描かれている少女は、このとき3歳。描いたのは画家である父親だ。子どもを思う父の気持ちがあふれている。少女の名はノエル。画家の長女だ。ノエルが生まれる前、画家は長男のジャン=ポールを生後4カ月で失う悲しい経験をしている。ノエルの誕生と成長は、なおのこと大きな喜びだっただろう。

     宗教画に見られる幼子キリストなどを除いて、西洋美術の歴史のなかで子どもが絵画の主役になることはあまりなかった。だが19世紀末ごろには、フランスを中心に子どもは単なる脇役やアクセントではなく、中心的なテーマとなった。ファン・ゴッホら近代の画家、なかでもピエール・ボナールやモーリス・ドニなどナビ派の画家にとって、子どもはインスピレーションの源泉ともなる重要な主題だった。

    残り935文字(全文1292文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット