教養・歴史アートな時間

映画 在りし日の歌 国家に翻弄される夫婦描く “第6世代”監督の静かな抗議=勝田友巳

    (c)Dongchun Films Production
    (c)Dongchun Films Production

     中国映画の監督たちは、しばしば「世代」でくくられる。20世紀初め、映画草創期の第1世代から数えて、現在は「改革開放」政策の後に世に出た第6世代。彼らは急速な経済成長から取り残された人々に目を向けたから、しばしば当局からにらまれた。製作資金を自ら集め、当局の妨害を受けながら国際的な評価を高めてきた。

     世界的に知られるジャ・ジャンクー監督と比べると寡作だが、ワン・シャオシュアイ監督も代表格の一人。この新作では、国家に翻弄(ほんろう)された一組の夫婦の30年を描いた。

     ヤオジュン(ワン・ジンチュン)とリーユン(ヨン・メイ)の夫婦は地方都市の工場で働いていた。同僚のインミンとハイイエン夫婦とは家族同然の付き合いで、息子のシンは、インミン夫婦の息子ハオと誕生日も同じ。ある日ハオと水辺で遊んでいたシンが溺死してしまう。ヤオジュンとリーユンは知り合いのいない土地で、シンの代わりの養子と暮らし始める──。2人が明るい将来を描いた1980年代から、寄り添って暮らす2010…

    残り713文字(全文1147文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット