教養・歴史書評

『不平等と再分配の経済学』 評者・井堀利宏

     本書は1997年にフランスで初版が刊行され、これまで7版を数えている原書『不平等の経済学』の翻訳である。原書は学生や専門家を想定した読者向けに、不平等に関する標準的な解説書として出版されたものであり、経済学のテキストという色彩もある。

     2013年に出版した『21世紀の資本』で、著者は資本や富の不平等が近年拡大していることを周到なデータで指摘し、世界の注目を集めた。

     本書は、ピケティ氏が不平等を分析する理論的枠組みを解説したもので、資本所得以上に労働所得自体の不平等・格差拡大が問題であり、人的資本の不均衡な蓄積を是正することが重要だと主張する。そして、代表的な再分配の方法として、雇用の強制や賃金の引き上げなど直接的な介入(直接的再分配)と累進的所得税や社会保障給付など間接的な介入(財政的再分配)を取り上げ、間接的な再分配の優位性を強調する。

    残り818文字(全文1193文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット