教養・歴史書評

英国人の審美眼による格好の西洋美術史入門=本村凌二

    「百聞は一見に如(し)かず」とは、海外に旅行したときしばしば肌身で感じる。スペイン南西岸のトラファルガー岬は、その沖合で、1805年に英国艦隊がフランス・スペイン連合艦隊を撃破したことで名高い。この海戦の敗北で、ナポレオンのイギリス本土侵攻の野望は打ち砕かれた。

     ロンドンの中心部に勝利を記念してトラファルガー広場が設けられた。その北側にナショナル・ギャラリーがある。

     意外なことに、英国人には偉大な画家が少ない。だが木村泰司『カラー版 教養としてのロンドン・ナショナル・ギャラリー』(宝島社新書、1100円)を読むと、英国人の絵画を見る目はきわだっており、西洋美術史の基本的な作品が網羅されていることが実感できる。しかも、絵画の時代背景や流れがしっかりと学べるのだから、ビジネスエリートには欠かせない教養になる。

    残り526文字(全文883文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事