国際・政治ワシントンDC

体臭に角質、化粧まで 男性身だしなみ事業拡大=小林知代

    頭からつま先まで磨きをかけて(Bloomberg)
    頭からつま先まで磨きをかけて(Bloomberg)

     筆者は、米国内外にルーツを持つ女性10人のブッククラブ(読書会)に参加している。最近「ドクトル・ジバゴ」を題材としたミステリー本を取り上げた。「ドクトル・ジバゴ」はノーベル文学賞を授与されたソビエト連邦時代の作家ボリス・パステルナーク(1890~1960年)作で、映画化もされた。

     ブッククラブでは作品のストーリーを巡って議論が白熱したのだが、意外だったのはパステルナークが魅力的だという点で意見が一致したことだった。魅力的な男性というのは、ルーツが異なる女性の間でも意見が一致しやすいのかなと考えながら、最近、街で見かける男性専用の「グルーミング・サロン」を思い浮かべた。

     グルーミングは「毛づくろい」を意味する。メンズ・グルーミングとは男性の身だしなみケアのことで、素肌のケア、髪の毛、ひげ、まつげはもちろんのこと、全身の体毛や体臭のケアなど、男性の外見を磨く。

    残り918文字(全文1302文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット