経済・企業話題の記事

ボーイングがコロナで窮地に 下請け1万7000社支援必須=吉川忠行

    2件の墜落事故を起こした最新鋭小型機の737MAX 撮影:Kiyoshi OTA/Aviation Wire
    2件の墜落事故を起こした最新鋭小型機の737MAX 撮影:Kiyoshi OTA/Aviation Wire

     中国から拡散した新型コロナウイルスは、航空業界の巨人ボーイングにも大きな影響を及ぼしている。3月11日に同社の従業員からウイルスの陽性反応が確認され、25日からは米シアトル近郊にある主力のエバレット工場などが14日間の操業停止になった。感染拡大で航空需要が世界的に急減しており、トランプ米大統領は23日、ボーイングに対し政府支援が必要との見方を示した。

     ボーイングは2018年以降、最新鋭小型機737MAXが2件の墜落事故を起こし、次世代大型機777Xの開発でも遅れがみられる。737MAXは基本設計が1960年代とはいえ、最新技術を取り入れた発展型だ。2件の事故は、いずれも失速防止システム「MCAS」が要因。ベストセラー機の最新型で起きた墜落事故は、航空業界に大きな衝撃を与えた。米連邦航空局(FAA)は737に関し、MCASとは別の問題でボーイン…

    残り907文字(全文1284文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット