国際・政治論壇・論調

FRB利下げ効果を疑問視 関税撤廃や現金給付を求める声=岩田太郎

    混乱を封じ込むことはできず(FRBのパウエル議長)(Bloomberg)
    混乱を封じ込むことはできず(FRBのパウエル議長)(Bloomberg)

     世界的な新型肺炎の流行による経済ショックを受けて、従来は景気後退時の頼みの綱とされた米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げの効果を疑問視する論調が高まっている。こうした中、FRBが利下げ余地を使い果たした先の政策や、金融・財政・国境の枠を超えた抜本的な処方箋が米論壇で議論されている。

     ニューヨーク市立大学のポール・クルーグマン教授は3月9日に、「米長期金利の急激な低下は、市場が『米国が恒常的な景気後退に向かっている』と言っていることと同じ」と短文投稿のツイッターで言明した。アラン・グリーンスパン元FRB議長も3月6日のブルームバーグの電話インタビューで、「米30年債の利回り低下に限度はなく、ゼロも超えマイナス利回りもありうる」と述べた。

     こうした中、経済失速を防ぐ目的でFRBが打ち出すフェデラルファンド(FF)金利引き下げについて、英金融大手バークレイズの米国シニアエコノミストであるマイケル・ゲイペン氏は3月8日の米経済専門局CNBCの番組に出演し、「景気後退の可能性は低いものの、FRBが金利をゼロにまで引き下げるのは確実だ」と論じた。

    残り799文字(全文1277文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事