国際・政治論壇・論調

新型肺炎が欧州経済も直撃 中国依存の見直しを模索=熊谷徹

    中国への依存が強いドイツ経済への影響はどこまで続くのか(ドイツの自動車工場)(Bloomberg)
    中国への依存が強いドイツ経済への影響はどこまで続くのか(ドイツの自動車工場)(Bloomberg)

     欧州の論壇では、新型コロナウイルスの拡大が世界経済に深刻な影響を及ぼすという見方が強まっている。

     特に懸念を強めているのが、中国への依存度が高いドイツの製造業界だ。同国の保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は2月28日付紙面で、ドイツ自動車工業会(VDA)の「今年の中国での販売台数が前年比で2%減ると予想していたが、新型肺炎の影響で減少幅が7%になる」という予測を報じた。

     FAZはこの日、「欧州の大企業600社からなる株価指数ストックス欧州600では、2月19日から8日間の下落により、株式時価総額が1・2兆ユーロ(144兆円)減った。ドイツ株価指数DAXも、1週間で9%下落した」と伝えている。

    残り1059文字(全文1370文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事