国際・政治

米国に根付く「民主社会主義」 サンダース氏劣勢も若者は支持=中岡望

    若者から支持されるサンダース氏 (Bloomberg)
    若者から支持されるサンダース氏 (Bloomberg)

     米民主党の大統領候補を選ぶ予備選挙のさなか、ミシガン州とコロラド州の出口調査で興味深い結果が出た。米国経済に関する質問に対し、両州の投票者で、「経済を全面的に改革する必要がある」と答えた割合はいずれも49%に達している。また、「改革が必要」との回答は、ミシガン州で39%、コロラド州で43%を記録している。回答者の実に8割以上が、現在の米国資本主義のあり方に疑問を呈しているのである。

     伝統的に米国は「社会主義」を毛嫌いしてきた。多くの米国人は、社会主義は労働倫理を衰退させ、イノベーションを阻害し、政府に対する過剰な依存を助長するものと考えてきた。

    残り2254文字(全文2530文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット