国際・政治ワールドウオッチ

広州 美食の街、「完全復活」遠く=太田元子

    人気デザートチェーン店も人はまばら…… 尹健章氏撮影
    人気デザートチェーン店も人はまばら…… 尹健章氏撮影

    「食は広州にあり」といわれるほど、中国屈指のグルメの街として知られる広州。しかし、新型コロナウイルスの影響で、市内の飲食店には活気がない。

     同市は新型コロナ対策で、2月12日から市内の全飲食店が営業を停止。美食家が多い市民はショックを受けた。その後、2月20日より部分的に営業が再開され、現在は約4割の飲食店が営業を再開している。

     しかし、現地メディアによると、営業が再開できた飲食店も、その多くが新型コロナに配慮し、席数を減らしたり、営業時間を短縮したりと営業の規模を縮小。人気店では、行列ができる時もあるが、混雑を緩和するため行列が10人以上は並べないようにするなど、店側が対策を講じている。

    残り176文字(全文474文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット