国際・政治ワールドウオッチ

コンゴ民主共和国 経済改革が外資の呼び水に=長谷尚武

    チセケディ大統領のもと、積極的な経済改革を進めている (Bloomberg)
    チセケディ大統領のもと、積極的な経済改革を進めている (Bloomberg)

     中部アフリカのコンゴ民主共和国で2019年1月に発足したチセケディ政権は、カビラ前大統領が引き起こした政情不安による社会経済損失と基礎インフラの回復、経済改革の実行を公約に掲げ、20年は投資支出を前年比2倍となる5・2兆コンゴフラン(約3300億円)に拡充。同国のインフラ建設受注を狙う海外企業などにとって大きなビジネスチャンスとなっている。国家投資促進庁(ANAPI)長官によれば、チセケディ大統領の就任後、…

    残り311文字(全文517文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット