国際・政治ワールドウオッチ

インド 税務争議の解決に奇策=成田範道

政府の狙いは吉と出るか…  (Bloomberg)
政府の狙いは吉と出るか…  (Bloomberg)

 インド政府は2月初め、国会に「直接税ヴィヴァード・セ・ヴィシュワス(争議から信頼へ)法案」という奇妙な名前の法案を提出し、短時間の審議を経て3月初めに成立させた。約48万件、総額9兆2000億ルピーに上る所得税、法人税に関する係争中税務争議の解決を促進する法律だ。

 同法は、税務当局との税務争議にある企業が、今年の6月末までに当初の税請求額を支払うことに同意すれば、利息と罰金の支払いを免除した上で争議解決…

残り307文字(全文511文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事