国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

影響力拡大狙う“マスク外交” 感染「第2波」の爆弾抱え=金子秀敏

     中国では墓参りの日とされる「清明節」の4月4日、新型コロナウイルスによる死者を追悼する集会が全国で行われた。北京では習近平国家主席、王岐山副主席ら共産党指導部が党中央のある中南海地区で黙とうした。全員、マスク着用なし、新型ウイルスとの戦いが終わったという演出だ。

     2日後、感染による1日の死者が中国全体でゼロになったと発表され、そのまた2日後の4月8日、新型肺炎の発生地、湖北省武漢市の封鎖が解除された。

    残り1110文字(全文1313文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事