教養・歴史アートな時間

映画 精神0 引退する医師と認知症進む妻 「観察映画」が12年ぶり続編=勝田友巳

     想田和弘監督は、「観察映画」と名付けた独特のドキュメンタリーを作り続けている。自身で「十戒」を定めていて、リサーチはしない、行き当たりばったりでカメラを回す、ナレーションなどは使わない──など、普通のドキュメンタリーの作りとは正反対。観客に判断を委ねることが目的だ。米国のドキュメンタリーの大家、フレデリック・ワイズマン監督の手法にも通じている。

    「精神0」はその第9弾。2008年に発表した「精神」の続編的な作品だ。観察されるのは、岡山市の精神科医、山本昌知さんである。同市の精神科診療所「こらーる岡山」にカメラを向けた「精神」で、診察に当たっていたのが山本医師だ。こらーる岡山の閉鎖後も診療を続けたが、80歳を超えて引退することになり、想田監督が駆けつけたのである。

    残り964文字(全文1299文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事