教養・歴史アートな時間

映画 ルディ・レイ・ムーア 半端芸人の仕掛けた大勝負 E・マーフィが見つけた鉱脈=芝山幹郎

     エディ・マーフィには、好悪こもごもの感情を抱いてきた。いうまでもなく、彼は人気コメディアンだ。1980年代の前半、「48時間」(82年)や「ビバリーヒルズ・コップ」(84年)で華々しく登場したときの彼は、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。にぎやかな早口。ケレンとハッタリに満ちた、出たとこ勝負の芝居。アクションと毒舌コメディを融合させた彼は、時代の先端を行くスターだった。出演映画の通算興行収入も、なんと40億ドルを超える。

     一方で、彼には悪ノリも目立った。笑いが空転して滑ったときは、客が白けて、温度が大きく下がる。21世紀に入ってからはその傾向がとくに顕著で、もはや時代と波長が合わなくなったのか、と思わせることさえあった。だが……マーフィは終わっていなかった。

    残り902文字(全文1232文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事