マーケット・金融グラフの声を聞く

不換紙幣増発がもたらす歴史の教訓=市岡繁男

    (出所)勝田貞次『独逸のインフレーション』(景気研究所、1939年)
    (出所)勝田貞次『独逸のインフレーション』(景気研究所、1939年)

     国際通貨基金(IMF)はウイルス禍の影響で今年の世界経済が「大恐慌以来、最悪の景気後退」になるという。これを抑えるべく先進各国の財政・金融政策は極めて大胆だ。米政府は総額2兆ドルの財政政策を実行。財源は連邦準備制度理事会(FRB)が購入する巨額の国債増発だ。またFRBは無期・無制限のマネー供給を開始。国債、政府機関債はもとより、投資不適格債を含む社債なども購入する超法規的措置で、この1カ月に2兆ドルも資産を拡大させた。

     リーマン・ショック時は6年で3・6兆ドルの規模だった。

    残り316文字(全文556文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事