マーケット・金融グラフの声を聞く

原油「マイナス」陰の主役はETF=市岡繁男

    (出所)米エネルギー情報局(EIA)
    (出所)米エネルギー情報局(EIA)

     コロナウイルス禍の影響で、米国ではこの1カ月間に石油の消費量が37%も減少し、ガソリンや航空燃料の在庫日数も過去最大となった(図1)。こうした状況を受けて、ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のWTI原油先物5月限(ぎり)(5月22日が取引期限)は4月20日、前日比300%安のマイナス37ドルで引けた。

     昨年末、同取引所の原油先物・時価総額は1316億ドルだった(図2)。それが3月末には552億ドルに目減りし、現在は200億ドル程度(6月限の価格=11ドル/バレル)まで下落。買い手は1100億ドル(12兆円)もの含み損を抱えている計算となる。

    残り305文字(全文580文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事