マーケット・金融グラフの声を聞く

下げ止まらない欧州銀行株=市岡繁男

(出所)ブルームバーグ
(出所)ブルームバーグ

「1929年の株価暴落当時、それが恐慌の始まりだと判っていた人は殆(ほとん)どいなかった。人々が恐慌を意識し始めたのは1年後」(高橋亀吉『大正昭和財界変動史』)。翻って現在、国際通貨基金(IMF)は、今年の世界経済は「大恐慌以来、最悪の景気後退」と予測し、安倍晋三首相も「大恐慌時より精神的には厳しい」と深刻な認識を表明した。為政者たちの間では、未曽有の経済危機が起きるとの危機意識が共有されている。

 そんな悲観論を否定するのは株式市場で、戻り高値を連日更新中だ。「90年前と違って、万全の措置を施した今回は大丈夫」というのだろう。だが強気筋が集う市場にも弱みがある。それは日米欧の銀行株だ。中でもユーロ圏の銀行株は年初から半値に暴落し、今も下げ止まらない。対ドルでのユーロ安も銀行株の不振が影響している(図1)。

残り224文字(全文581文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事