教養・歴史学者が斬る・視点争点

“DX”で交わる「デジタル」と「伝統」=立本博文

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

    “トヨタ×ソフトバンク”に見る新潮流

     デジタル技術の浸透によって、それまでの垂直統合型、いわゆる縦型の産業構造が、水平分業型(エコシステム型)の横型への構造変化を引き起こした。これがDX(デジタルトランスフォーメーション)の成り立ちだ。DXは「デジタル技術の浸透が、生活や産業などのあらゆる分野をより良い方向に変化させる」という概念である。1990年代にコンピューター業界を舞台に初めて起こった、DXによる産業構造の変化は、コンピューター業界を飛び出し、他分野にも広がっている。

     図1は、産業構造の変化を端的に示したものだ。デジタル産業はIT技術が強く影響する新しい産業グループ(青線の円に属する産業)、伝統的産業は従来の伝統的な製造業を中心とする産業グループ(黒線の円に属する産業)である。

    残り2239文字(全文2585文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事