国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

新興コーヒー店の不正会計 超高成長モデルに募る不信=岸田英明

    店舗数がスタバを超えるほど急成長したが……(Bloomberg)
    店舗数がスタバを超えるほど急成長したが……(Bloomberg)

     中国の新興コーヒーチェーン「ラッキンコーヒー」で不正会計が発覚し、波紋が広がっている。同社は2017年10月に創業。専用アプリで注文し、宅配も可能なほか、海外の著名バリスタとタイアップしたコーヒーをほぼ常時発行される電子クーポンで安く飲める「お得感」が受け、急成長した。19年5月には米ナスダックに上場。19年末までに中国国内の店舗数は4500店を超えてスターバックスを抜き、「中国ニューエコノミーを代表するスター企業」(中国メディア)と評されていた。

     しかし20年1月末、米国の投資会社が空売り目的でラッキンの不正会計を告発。調査報告書で、店舗単位で売り上げを水増ししていたと指摘した。ラッキンは当初否定したが4月2日、19年4~12月に計22億元(約330億円)分の売り上げを水増ししたと認め、同日だけで株価が75%下落した。

    残り946文字(全文1312文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事