経済・企業話題の記事

自動車の北米生産再開 消費減退で販売回復不透明 20年モデルの増産は様子見=杉本浩一

    2カ月ぶりの北米生産再開も、本格稼働は当面先になりそうだ (Bloomberg)
    2カ月ぶりの北米生産再開も、本格稼働は当面先になりそうだ (Bloomberg)

     トヨタ自動車が4月23日、5月4日の週から北米の自動車生産を段階的に再開すると発表した。ホンダとSUBARU(スバル)はその翌週、日産自動車は5月中旬に再稼働の予定である。感染拡大防止のため、3月下旬以降稼働を停止していた日系自動車メーカーの北米工場が、2カ月の休止期間を経て、車両の供給を復活させることになる。今回の北米工場休止に伴う日系4社の減産台数は、メキシコ工場分を含めおよそ50万台超。これは4社の2019年北米生産台数の10%超に相当する。

     今後は自動車ディーラーも、営業再開の動きが本格化するだろう。米連邦政府は自動車ディーラー等を4月17日に人々の生活維持に欠かせない業種(エッセンシャルサービス)と認定し、州政府が小売店の営業再開を認めるよう後押しした。4月初旬には全米のディーラーの3分の2弱が休業かそれに近い状況に追い込まれていたと見られ、米国全体の4月新車販売(年率換算値)は19年の1705万台の3分の1を下回る水準となりそう…

    残り836文字(全文1263文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事