国際・政治論壇・論調

英国で都市封鎖の緩和巡り高齢者の感染拡大に警鐘=増谷栄一

    英国では高齢者の死者数急増が懸念される(Bloomberg)
    英国では高齢者の死者数急増が懸念される(Bloomberg)

     新型コロナウイルス感染から生還し、3週間ぶりに職務復帰を果たしたジョンソン英首相は4月27日の会見で、「いま我々は(ロックダウン〈都市封鎖〉を急いで緩めれば)第2波の感染爆発のリスクが最大化する時期を迎えている。第2波が起きないという確信が持てるまでロックダウンを緩めることはできない」と語気を強めた。ワクチンができる来年までロックダウンの解除は見込めない見通しだ。

     ただ、ジョンソン首相は、「今は感染ピークが過ぎ、第1段階の終わりに近づいている」との認識を示した。その上で、「第2段階に入れば、ソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保)などの社会的、また経済的な規制を徐々に緩め、経済活動を高めていく」とも述べ、ロックダウンの段階的緩和が次の焦点となっている。

    残り1037文字(全文1371文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事