教養・歴史アートな時間

舞台 マームとジプシー cocoon 「ひめゆり」モチーフの群像劇 戦後75年の今夏に再々演=濱田元子

     沖縄戦、ひめゆり学徒隊という言葉から想起されるのは、過去の戦争の悲劇というイメージではないだろうか。

     が、やっぱりそこには、女子学生たちの日常があり、友人とのかけがえのない時間があり、死の影が迫ってくる中にあっても生のきらめきが間違いなくあった。

     原作は、沖縄戦に動員されたひめゆり学徒隊の悲劇に着想を得た今日マチ子の漫画「cocoon」(秋田書店)。2012年に岸田國士戯曲賞を受賞し、最も注目される若手演劇人である藤田貴大(マームとジプシー主宰)が作・演出を手がけ舞台化した。13年の初演舞台は大きな反響を呼び、演劇界を超えた注目を浴びた。

     戦後70年となる15年の再演では、東京をはじめ沖縄を含む全国6都市で上演された。

    残り967文字(全文1281文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット