教養・歴史アートな時間

映画 グランド・ジャーニー 渡り鳥と共に風に乗る 爽快な少年の超軽量機=野島孝一

     新型コロナウイルスによる影響は、映画業界にも及び、映画館は軒並み閉鎖。公開予定作品はすべてが公開時期を延期され、いつ公開されるのか見通しも立たない。

    「グランド・ジャーニー」も本来ならば5月15日に公開されるはずだった。少年が晴れ渡った大空を超軽量機で渡り鳥と共に飛ぶすがすがしい映像の作品で、5月の薫風にふさわしい爽快感が味わえたのに──。

     映画にはモデルがいる。脚本も担当しているフランス人のクリスチャン・ムレクだ。鳥たちに渡りを教えるためにハングライダーを使うことを思いつき、1995年に初めて2羽のガンと空を飛んだ。2000年に超軽量機で33羽のカオジロガンを連れて渡りに成功した。世界で大ヒットしたジャック・ペラン監督のドキュメンタリー映画「WATARIDORI」(01年)では撮影に協力した。

    残り752文字(全文1104文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット