教養・歴史書評

読書日記 大先輩の著書を一気読み 俳優としての力をもらう=美村里江

    『役者ほど素敵な商売はない』
    『役者ほど素敵な商売はない』

    ×月×日

     今まで共演させていただいた中で、断トツの明るい笑顔の先輩。NHK大河ドラマ「江(ごう) 姫たちの戦国」で、私が演じる細川ガラシャの父、明智光秀を演じられた市村正親さんの著書『役者ほど素敵な商売はない』(新潮社、1500円)。あの楽しそうな笑顔の裏に隠された秘密が知りたくて手に取った。読んですぐに思い知る。名優に秘密などなく、ひたすら芝居を愛し、謙虚な心で入念に準備し、一つ一つの役・作品に取り組んでいるだけなのだった。しかし全てに「思いきり楽しんで」という枕ことばが付く。

     他人へのダメ出しも自分のものと思って聞く。自意識なく集中できる一人居残り稽古(けいこ)が好き。稽古前から自主練しておく。千本ノックしてくれる演出家はありがたい。セリフを覚えるのが好き。次の仕事の準備も好き。仕事は多数重なっても苦にならないし決して手を抜かない。

    残り951文字(全文1324文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事