【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『佐藤栄作 最後の密使』 宮川徹志著 吉田書店 2900円

『佐藤栄作 最後の密使』 宮川徹志著 吉田書店 2900円

 日中国交正常化は田中角栄首相の功績との印象が強いが、実は前任の佐藤栄作首相時代、密使が水面下で交渉を進めていたという。NHKディレクターが入念な取材で新事実を突き止めた。密使の男性は戦前外務省の嘱託を務め、特務機関とも関係があり、複雑な経歴を持っていた。彼がさまざまなルートを使って中国側の対日関係責任者らに迫り、成果も上げていたが、佐藤の退任表明で役目を終えた。戦後史の闇に光を当てた本書の意義は大きい。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事