経済・企業話題の記事

ソフトバンクグループ 過去最大の赤字決算 経営戦略は岐路に=浜田健太郎

    惨憺たる結果となったソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
    惨憺たる結果となったソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

     情報通信技術を中核とする事業集団から投資グループへと変貌を遂げていたソフトバンクグループ(SBG)の戦略が挫折した。5月18日発表の2020年3月期決算は、投資ファンド事業が裏目に出て過去最大の赤字を計上。投資路線を継続するのか、事業会社路線へと回帰するのか。岐路に差し掛かっている。

     20年3月期決算(国際会計基準)の純損益は、前年度の1兆4111億円の黒字から9615億円の赤字に転落。営業損益は1兆3646億円の赤字(前年度は2兆736億円の黒字)。17年に立ち上げた大型投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の営業損益は、19年3月期の1兆2566億円の黒字から20年3月期は1兆9313億円の赤字に陥り、国内携帯事業の営業利益(SBG連結で9233億円)を打ち消した。

     21年3月期配当予想は「未定」。20年3月は年44円予定だ。オンラインで開いた決算説明会で孫正義会長兼社長は「ゼロ配当もあり得る」と述べた。

    残り805文字(全文1226文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット