テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

新型コロナが死滅 紫外光のLEDに脚光=津村明宏/43 

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

     電気を流すと光る半導体「発光ダイオード(Light Emitting Diode=LED)」のなかでも、最近特に紫外光(UV光)を発する「UV−LED」が注目を集めている。波長の短いUV光は、カビやバクテリア、ウイルスなどの菌類を死滅(不活化)させる効果があり、これが新型コロナウイルス(SARS−CoV−2)の感染拡大に伴って、大きな注目を集めているためだ。

     2014年に赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏が青色LED(波長は460ナノメートル)の発明でノーベル物理学賞をそろって受賞したことは記憶に新しい。青色LEDは発光層に窒化ガリウム(GaN)を使ったLEDであり、UV−LEDはこのGaNを用いた発光技術をさらに進化させたものといえる。青色の発光材料にはGaNにインジウム(In)を混ぜたInGaNを用いるが、さらに波長が短くなるUV−LEDはGaNにア…

    残り3385文字(全文3766文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事