経済・企業ワールドウオッチ

ドバイ 「二つの災難」が財政を直撃=アンドリュー・ウェザオール

    財政危機を乗り越えることはできるのか 筆者撮影
    財政危機を乗り越えることはできるのか 筆者撮影

     ヒト・モノ・カネのハブ(結合点)として成長してきたアラブ首長国連邦(UAE)のドバイだが、新型コロナウイルスのパンデミックによりハブ機能が不全となったことに加え、油価下落という二つの災難が財政を直撃している。国際通貨基金(IMF)によれば、UAEの財政均衡に必要な原油価格は1バレル=69・1米ドル(約7450円)で、このままでは過去に例を見ない財政赤字が見込まれる。

     ハブ機能の悪化は、統計上にも表れ始めた。2020年1~3月期のドバイ国際空港の旅客利用数は前年比で約20%減少。世界10位のコンテナ取扱量を誇るジュベル・アリ港も、今年の1~3月期のコンテナ取引量は前年比で3・4%減少している。

    残り213文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事