国際・政治東奔政走

トランプ氏の「G7拡大」構想 揺れる“対中包囲網”への戸惑い=及川正也

     トランプ米大統領が大統領専用機エアフォースワン後方にある報道用キャビンに顔をのぞかせ、おしゃべりを始めたのは、ワシントン郊外のアンドリューズ空軍基地に着陸して間もなくだった。5月30日の午後8時を回ろうとしていた。

     約5時間前に南部フロリダ州のケネディ宇宙センターで米宇宙企業スペースXの宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げ成功を見届けたばかり。打ち上げ直後に宇宙飛行士をうたったお気に入りのエルトン・ジョンの「ロケットマン」が流れ、「月の次は火星だな」「中国にはできない芸当だ」と記者団を前にウキウキだったトランプ氏。その余韻が残っていたのか。

    「G7は世界の動きを的確に反映していない。まったく時代遅れのグループだ。オーストラリアを入れたい。インドも入れたい。韓国も入れたい。これでどうだ。これこそふさわしいグループだ」

     米国で6月に開催予定だった主要7カ国(G7)首脳会議を9月に延期し、豪印韓にロシアも加えた4カ国を招待すると言い出したのだ。「G10かG11になる」。

    残り1654文字(全文2091文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット