国際・政治ワールドウオッチ

ペルー 感染対策が守れない経済事情=設楽隆裕

    給付金をもらうために、銀行の外まで人が並んでいる (Bloomberg)
    給付金をもらうために、銀行の外まで人が並んでいる (Bloomberg)

     南米でブラジルに次いで2番目に新型コロナの感染者が多い国になってしまったペルーだが、対策が遅れたわけではない。初感染者発生の10日後には緊急事態宣言を発令し、陸空海河川すべての国境を封鎖。その後も、日中の外出規制と夜間の外出禁止令、生活必需産業以外の産業活動の停止など、矢継ぎ早に施策を発表している。

     それでも感染者が多くなった背景には、ペルーの経済事情がある。ペルーの国民は多くが低い賃金の仕事に就いており、貧困にあえぐ人が多い。また、都市部と過疎地にも大きな格差がある。収入レベルで貧困と分別される層は、首都リマを中心とした沿岸部の都市では15%であるのに対して、内陸の山岳部やジャングルなどの過疎地は40%に上る。生きていくには、外出して違法就労をせざるをえないのだ。

    残り185文字(全文523文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事