教養・歴史アートな時間

映画 MOTHER マザー 実話超えた「怪物的」母親像 答えなき結末で人間の存在問う=勝田友巳

    (c)2020「MOTHER」製作委員会
    (c)2020「MOTHER」製作委員会

     2014年、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害して金品を強奪する事件が起きた。少年は母親と放浪生活をしており、殺害は母親の指示だったと報じられ、社会に大きな衝撃を与えた。この映画は、事件を元に、社会の外で育まれたいびつな母子関係を描く。監督は大森立嗣(たつし)。「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」「タロウのバカ」など、振り幅の大きな問題作を手がけてきた。

     秋子(長澤まさみ)は小学生の息子周平を連れて奔放な生活を送っていた。金がなくなると実家に無心に行く。ゲームセンターで出会ったホストの遼(阿部サダヲ)と意気投合すると、周平を置いて何日も家を空ける。遼は秋子と同居するようになり、秋子に言い寄る市役所職員を恐喝しようとして、過って刺してしまう。殺したと思い込んで3人はラブホテルを転々とするが、秋子の妊娠が分かると遼は姿を消した。やがて子どもが生まれ、…

    残り832文字(全文1215文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット