教養・歴史アートな時間

映画 悪の偶像 加害者側、被害者側の激突に行方不明の女が絡むサスペンス=寺脇研

    (c)2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved.
    (c)2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved.

     外国映画にはハードルの高いアメリカのアカデミー賞まで取った大ヒット作品『パラサイト』で、韓国の名優ソン・ガンホを知った人は多いだろう。今や、押しも押されもせぬ世界的スターだ。20年近く前から彼に注目していた者として、喜ばしい限りである。

     しかし、韓国男優陣の層はまだまだ厚い。同じく1960年代生まれの世代は、この20年間の韓国映画の発展を支えてきた。ことに、『シュリ』(99年)で世界市場への道を開いたハン・ソッキュ、『オールド・ボーイ』(2003年)をカンヌ国際映画祭グランプリ作品に導いたチェ・ミンシク、『ペパーミント・キャンディー』(99年)、『オアシス』(02年)のソル・ギョングの功績も大きい。いずれも歴史に残る名作となった。

     そのうちの2人、ハン・ソッキュとソル・ギョングが激突する。深夜、無人の道路で起きたひき逃げ事故の、かたや「加害者の父」、かたや「被害者の父」である。敏腕スパイなどエリート役が得意のハンが知事選有力候補の市会議員、社会の片隅で生きる男の役で存在感を発揮するソルが冴(さ)えない中年男と、それぞれ適役を得ての競演は見応え十分だ。

    残り751文字(全文1234文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事